ゴミ屋敷

ゴミ屋敷になる人に共通する特徴とは?

ゴミ屋敷になる人に共通する特徴とは?

ゴミ屋敷になる人にはどんな特徴があるのだろう?

どういう人がゴミ屋敷化する傾向にあるの?

上記のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ゴミ屋敷になりやすいタイプの人には、いくつか特徴があります。

特徴を理解して、対策を進めていきましょう。

ゴミ屋敷になる人の特徴とは?

ゴミ屋敷になる人の特徴とは?

ゴミ屋敷になる人の特徴を5つご紹介します。

ご自身の生活で当てはまる項目がないかチェックしましょう。

  • 忙しくてゴミ出しをする時間がない
  • 片付けが苦手である
  • もったいないと考えて溜め込んでしまう
  • 買い物依存症
  • 頑固で人の言うことを聞かない

忙しくてゴミ出しをする時間がない

忙しくてゴミ出しをする時間がないと、ゴミ屋敷になっていきます。

出張や早朝出勤でゴミ収集日にゴミが出せず、溜まってしまいます。

忙しいと家にいる時間が少なくなり、掃除をする時間を取れないのも原因といえるでしょう。

特に一人暮らしの方は、隠れゴミ屋敷に陥りやすいです。

テレビで見るようなゴミ屋敷の状態まで行かずとも、脱ぎっぱなしの服がそのままになっていたり、冷蔵庫に賞味期限切れの食品が入っていたりする人は注意が必要です。

片付けが苦手である

片付けが苦手な人は部屋に物が散らかっていても気にならないので、ゴミが散乱していきます。

就寝場所や食事場所といった生活スペースがあれば問題ないと考えるタイプです。

ゴミを出し忘れても、次に出そうとしてそのまま放置してしまいます。

片付けは習慣がないと、ほったらかしにしてしまう方が多く、ご自分で改善するのは難しいです。

少しずつ散らかっていき、手がつけられなくなりゴミ屋敷化していきます。

もったいないと考えて溜め込んでしまう

もったいない精神が強く、物を捨てられない方がゴミ屋敷になってしまうケースがあります。

手に入れた物を手放すことに抵抗があると、使い古した衣類、日用品、包装紙なども、捨てずに保管するので、ゴミが溜まってしまいます。

物が捨てられずにゴミ屋敷になってしまうのは、経済的に苦労した人や高齢者に多いです。

物を大切に扱うのは良いことですが、使う予定がない物まで持っていると、家の中に不用品が増えてしまいます。

買い物依存症の人

買い物依存症の人がゴミ屋敷になってしまうのは、必要以上に物を購入し、不用品が溢れかえってしまうのが原因です。

買い物依存症になると、衝動的に買い物を繰り返し、全てのことがおろそかになるといった症状があらわれます。

ストレス発散のために買い物をしすぎて、依存症になってしまう方も多いです。

男性よりも女性の方がなりやすい傾向にあり、使用中の物があるにも関わらず、洋服やバッグなどを購入してしまいます。

買い物依存症の人全員がゴミ屋敷になるとは限りませんが、物が増えすぎるとゴミ屋敷が増える可能性もあるので気をつけましょう。

頑固で人のいうことを聞かない

ゴミ屋敷になってしまう人は、人の助言を聞かず頑固なタイプが多いです。

自分なりの基準があるので、傍から見るとゴミに見えるようなものでも捨てずにとっておきます。

自覚がなくてゴミ屋敷となってしまう可能性もあるので、身の回りにゴミ屋敷の住人がいればアドバイスをしてみましょう。

ただし、強引に家を片付けさせようとするのは、お互いに消耗するだけなのでおすすめしません。

まとめ

ゴミ屋敷になりやすい人の特徴をまとめました。

当てはまる項目が見つかった場合は、予防につとめましょう。

ご自身でゴミ屋敷を片付けるのが難しい場合は、業者に依頼するのもおすすめです。

-ゴミ屋敷

© 2021 ゴミ屋敷の片付けサポーター Powered by AFFINGER5